埼玉県熊谷市にある授業をしない塾、武田塾熊谷校のブログ。
完全個別指導の大学受験専門学習塾です。
《通塾中の生徒の住まい》
熊谷市、秩父市、深谷市、本庄市、鴻巣市、比企郡
《通塾中の生徒の高校》
熊谷、熊谷女子、熊谷西、熊谷農業、深谷、正智深谷、東京成徳大深谷、本庄、本庄東、本庄第一、上尾、松山女子、星野、不動岡、大妻嵐山、秩父、佐野日大

2016年03月

こんにちは。武田塾 熊谷校の森です!

ついに新しい自転車をGET!
これで通勤もラクラク☆
二度と盗られないように、鍵は厳重にかけておきたいと思います。

---------------------------------------------------------------------

「参考書を『完璧』にするためには・・Part3(終)」

最終回の今回は「ペース管理」についてです。

みなさんは、「知識の忘却曲線」をご存知ですか?
詳しくはコチラを。

心理学者のエビングハウスが示したものです。
人は、20分後には58%
  1時間後には26% しか覚えていないしまうそうです。
そして時間が経つにつれて、限りなく0%に収束していくわけです。

ということは!!!
数十分後、数時間後、1日後、1週間後・・・。
早々に復習して、もう一度100%の状態に戻さないと『完璧』にはなりませんよね。


ここでポイントは、
人は忘れてしまう生き物である」ということ、
一度覚えたものは出来るだけ早い段階で何度も何度も復習を行っていくことが効果的」であるということ、
をしっかり認識しておくことです。
このことを常に意識しておくと、少し時間ができたときに英単語や古文単語の復習に上手く時間を使うことが出来るようになります。いわゆる「すきま時間」です。

つまり、「進んだ」ら「戻る」を何度も何度も繰り返していくことで、より『完璧』な状態に近づいていきます。

ただ、日々の勉強に追いかけられやるべきことが整理されていないまま、あれやこれやと手を広げていくうちにそんな大事なことも忘れ去られてしまいます。

だったら、この春休みをペース作りの春に変えてみませんか?
やる事は簡単。

①この春に終わらせたい、進めたい勉強を書き出す(参考書のここからここまで、と具体的な数値で)。
②ゴールの時期までの週数で割り振る→ここで1週間でやるべき分量が決まります。
③②の分量を4で割ってください。→ここで1日の分量が決まります。
④あとはやるだけ。

簡単でしょ?(^-^)


いやいや、最後を何で4で割ったの!?って思いませんか?思いますよね。

ここがミソです。
復習は大切です。できることなら上に書いたように毎日復習してください。
でもそうもいってられないですよね。だったら丸一日復習の日を作ろうぜ!!という発想です。
得意科目は先に4日分進めて、残り2日でしっかり復習してください。
苦手科目は小分けにして、2日分進めて1日復習を2セットおこなってください。

いやいやいや、それでもまだ6日だよ!?となりますね。
目的は『完璧』にすることでしたよね?
最後の1日で「確認テスト」をしてください。
1週間の範囲が実際にちゃんと「出来る」ようになったのかを確認してみましょう。

 (月) (火)  (水)  (木) (金)  (土)  (日)
(進む) (進む) (進む) (進む) (復習) (復習) (確認テスト)

特に、浪人生の皆さん!
予備校決めてから本気だそーっと。なんて考えていたらダメですよ!


しっかりとペースを決めてスケジュールを立てたら、あとはスピード感をもって勉強していくだけです!!


これまでのことを参考に、
ぜひ、参考書を『完璧』にしてみてください。
1冊を『完璧』にしてみると、世界が変わりますよ(^-^)



センター試験まであと291日。




武田塾熊谷校では、無料受験相談を行っております。
お気軽にお電話(048-525-5151)ください。
最新のイベントはこちらから→Click Here!

こんにちは。武田塾 熊谷校の森です!

今日はとてもいい天気です。
天気がイイということは、花粉もたくさん☆
相変わらず、目のかゆみに悩まされている今日この頃です・・・。

---------------------------------------------------------------------

「参考書を『完璧』にするためには・・Part2」

今回は「復習の仕方」にフォーカスしてみます。

みなさんは、普段どのように勉強していますか?

まさか、問題を解いて、丸つけして、ちょっと解説読んで、次の問題やろ~っと、なんて感じじゃないですよね?

このやり方だと「やりっぱなし」の状態になってしまって、『完璧』にはなりませんよね?

人は忘れてしまう生き物ですから、ちょっと解説を読んだだけでは定着するはずがありません。
だから復習をするわけですが、時間は有限です。
復習についても効率良くやっていきたいですよね。

丸つけ・見直しをする際の重要なポイントは、
間違った理由を具体的に明確にし、次に間違えないためのアドバイスを書き込む
ことです。

答えを覚えてしまっても何の意味もありません。
「間違えた理由をしっかり解明し、正しい考え方をきちんと理解する」よう心掛けてください。

そして、「できない」問題に対してこの作業を根気強く続けていってください。

友達と説明し合いっこをしたりするのもオススメです。 

物事の前後関係・因果関係を理解していくことで完成度を高めていきましょう。

さて、Part1、2で大まかな「やり方」はわかったはずです。
あとは、ペース管理のみ。
それままた次回に。


センター試験まであと292日。

次回・・「参考書を『完璧』にするためには・・Part3(終)」


[To be continued...]

武田塾熊谷校では、無料受験相談を行っております。
お気軽にお電話(048-525-5151)ください。
最新のイベントはこちらから→Click Here!

こんにちは。武田塾 熊谷校の森です!

最近、花粉が多く飛び回っているようで、目がかゆくて大変です。
電車の扉が開くたびに、一気に花粉が目に入ってきます。
春は好きな季節ですが、花粉は嫌いです。

---------------------------------------------------------------------

「参考書を『完璧』にするためには・・Part1」


『完璧』とは『一つも欠点がなく、完全なこと。』という意味だそうです。


つまり、参考書を、
『一つも見落とすことなく、全て解ける』状態が、『完璧』な状態ということになります。

何だかまわりくどいので要約すると
『どこからどんな問題を出題されても、答えられない問題がない』状態です。

でも人間は忘れてしまう生き物なので、そんな簡単に『完璧』には出来ないわけです。
では、どうするか、『効率良く』努力しましょうよ!

私が受験生だったころ、ターゲット1900という英単語帳を使っていました。
文法がいまいち伸び悩んでいたので、単語に賭けよう!とひたすら単語を覚えていた時期がありました。
既に覚えてしまった単語は無視。
まだ覚えられていない単語にフセンを貼りまくって、覚えられたら剥がす、という作業を繰り返していました。
「できるものは排除して、できないものだけを繰り返し潰していく。」
この方法は我ながら的を得ていると思っていたのですが、毎回英単語帳の1ページ目からその作業を始めるものだから、1000に行き着くまでに力尽きてしまいました。。。
単純バカだったんですね。。。


ただ、この方法はとても効果的です。
「できるものは排除して、できないものだけを繰り返し潰していく。」
私に足らなかったのは、計画的に段階的に「できる」状態にしていくことでした。
毎日膨大な量の総復習をしていたら、「できる」状態になる確率は当然減ってしまいますよね。
国公立志望ならなおのこと母数は増えて、確率は減ってしまうわけです。

だからこそ!
この春を!!
天王山の夏につなげる春!!!にするためには、
土台となる基礎的基本的な参考書こそ『完璧』にして、確率1の状態にしておくことが必要不可欠なのです。


参考書を『完璧』にするための方法はまだまだたくさんあります。
次回は、「復習の仕方」にフォーカスしてみましょう。


センター試験まであと296日。

次回・・「参考書を『完璧』にするためには・・Part2」


[To be continued...]

武田塾熊谷校では、無料受験相談を行っております。
お気軽にお電話(048-525-5151)ください。
最新のイベントはこちらから→Click Here!

こんにちは。武田塾 熊谷校の森です!

今日も自転車はありませんでした。
しれっと戻ってくるかも☆なんて期待してたんですけどね・・・。
新しい自転車を買おうと探し中です。
オススメの自転車があれば教えてくださいね。

---------------------------------------------------------------------

「なんで参考書を『完璧』にしなくちゃいけないの・・」

前回、いまは基礎固めが大事だ、一番簡単な参考書を『完璧』に、と書きました。
人というものはどうしてか、理由や理屈が理解できないとなかなか本気で取り組めないんですよね。

みなさん、いま参考書は何冊持っていますか?
浪人生の方は、受験勉強に必要な参考書は一通り持っているのではないでしょうか?
では、みなさんの各教科の偏差値はどの位でしょうか・・・?

参考書はたくさん持っていれば、その分だけ偏差値が上がるわけではありません。
当たり前ですよね(笑)

でも、参考書は受験を乗り切る上では最強の武器なんです。
その最強の武器を持っていながら、これまでたくさんの敗戦や引き分け試合を経験してきたのでは・・・?

それは、あなたの持っている一冊一冊の参考書が『完璧』ではなかったからです。
読んでわかったつもりになっていたり、解いてやり直しをしてそのまま次に進んでしまったり、間違えていたのに「ま、いっか」と飛ばしてしまったり・・・。
塵も積もれば・・・なんてことわざもありますよね。
みなさんお分かりの通り、これだと、穴が多すぎるんです。

私も受験生の時は本当に伸び悩みました。
いま思うと苦手な教科ほど、分からない所をほったらかしにして進めてしまっていたんです。
そりゃ伸びないですね(笑)

穴が多い勉強法のままで色んな参考書に挑んでも、100%の成果はでません。
一冊一冊を『完璧』にして、一段ずつ着実に階段を上っていくことが大切なのです。

じゃあどうやって『完璧』にすればいいの!?

と思いますよね。
それはまた次回。
 
センター試験まであと297日。

次回・・「参考書を『完璧』にするためには・・Part1」

[To be continued...]

武田塾熊谷校では、無料受験相談を行っております。
お気軽にお電話(048-525-5151)ください。
最新のイベントはこちらから→Click Here!

こんにちは。武田塾 熊谷校の森です!

今日出勤しようと思ったら、我が愛車の自転車が・・・・ない・・・!!!!
家の駐輪場に置いていたのですが・・・。
確かに鍵はかけてなかったなぁと絶望。
まぁ、そんな時もあるよね!!と心機一転、今週も頑張りましょう☆

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 さて、浪人が決まったそこのあなた!新高3のそこのあなたも!!
『4月になったら頑張ろ~』なんて呑気なこと考えてませんよね!?
受験は先手必勝!!
早いうちから考え・行動し、万全の態勢で入試を迎えられた人が勝つのです!!

センター試験まであと298日

まずは、【基礎固め】から始めましょう。

英単語は覚えられてますか?
古典文法は完璧ですか?
元素記号全部書けますか?
因数分解ちゃんと出来てますか?

『それくらい出来るわ』なんて声が聞こえてきそうですが。。。
その思い込みに足元をすくわれた経験ありませんか?

まずは、いま持っている一番簡単な参考書を『完璧』な状態にしてください。
はじめのはじめの第一歩です。

次回・・「なんで参考書を『完璧』にしなくちゃいけないの・・・」

[To be continued...]

武田塾熊谷校では、無料受験相談を行っております。
お気軽にお電話(048-525-5151)ください。
最新のイベントについてはこちらから→Click Here!


↑このページのトップヘ