こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾熊谷校です。
今日は、上智大学総合人間科学部の世界史の出題傾向と入試対策の分析をまとめていきたいと思います。


☆出題範囲・・・

古代から現代まで幅広く出題され、西洋史、東洋史ともに出されます。

大問3~5題で、解答数は90個前後と問題数が多いので、スピードを

意識して解く必要があります。

分野としては社会史、政治史がよく出されます。

すべてマークシートの選択式で、記述はありません。

ただし、解答がない場合は・・・を選びなさい、のような独特な出題

もあるので、過去問でチェックして慣れておくことが必要です。

 

☆出題内容と対策・・・

総合人間科学部の世界史は、日本史に比べると難易度が高いです。

まずは、問題量が多いので、正確かつスピーディに解くことが必要です。

 

◎教科書、用語集、地図、年号暗記本

 まずはこの4種類の教材をやり込むことです!

 教科書を隅から隅まで読み込み、注釈、図、地図、表などにも必ず目を通し、

 抜け落ちがないようにしましょう。

 教科書では足りないところを用語集で補い、きちんと正しく説明ができるように

 準備しましょう。

 正誤問題に対応するには、なにが正しくてなにが間違っているのかを素早く判断できな

 ければなりません。

 

 地図は必ずそばに置き、位置を確認しながら進めましょう。

 どの場所でなにが起こったのか、を理解し、併せて誰がなぜ、のように

 一つの事柄に対してあらゆる視点から掘り下げた知識が必要です。

 河川名や中国の都市名など、地図で確認しておかないとならない問題も出されたりし 

 ます。

 

 そして、なんといっても年代、年号については覚えなければならないことがたくさん  

 あります!

 歴史の流れを確実に把握し、事件と事件の順番、流れ、背景をただしく理解し、

 細かい年号についても主要な事柄は暗記しておく必要があります。

 また、他の国ではその時何が起こっているのか、日本ではどの時代に当てはまるのか、

 縦と横の軸を照らし合わせて学習を進めることが肝心です。

自分でノートを作成し、世界の動きがどのようになっているのか、

自分の目でみてわかりやすいように、整理しておくこともいいでしょう。

縦の時代の流れと、横の流れも意識して、細かい部分の抜け落ちがないように

一つ一つの事柄をしっかり把握する力を早めにつけておきましょう。

 

膨大な知識量になるので、過去問を確認し、どういった問題が出ているのか、

まずは問題の傾向に慣れておくことも大事です。

比較的頻度の高い問題は過去問を解いていく中で気づくはずですから、そのあたりは

要チェックで、絶対に間違えないように準備しておきましょう!

 

☆上智大学の他学部や他の科目の対策を知りたいこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒熊谷校の無料受験相談をご予約下さい♪
20140628_130701
--------------------------------------------------------------
高崎線沿線初!逆転合格専門塾【武田塾熊谷校】
個別指導で大学受験を突破!
〒360-0037

埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド熊谷4F
(熊谷駅から徒歩1分!)
TEL:0120-788-711
MAIL:kumagaya@takeda.tv
詳しいアクセス(行き方)はこちら