こんにちは、大学受験専門の個別指導塾、武田塾熊谷校です。
今日は、上智大学経済部の英語の出題傾向と入試対策の分析をまとめていきたいと思います。

 

経済学部の英語はいくつか特色があります。

    読解量、設問数が多い

    高度な語彙力が必要

    現代社会の話題が出る

    問題傾向が変化してつかみにくい!

 

このような感じになっています。

試験時間90分に対し、設問数が75問と非常に多いので、スピードを上げて読み、解くという流れになります。

英語のまま理解し、瞬時に解く構文力、語彙力が必要です。

単語も、1つの意味だけでなく、ほかにどんな意味を持つか、文章の中で判断できるかが鍵になってきます。

もちろん単語はひとつの意味がはっきり分かっていることが肝心ですが、文章の流れの中で、この意味ではおかしい、では文章の前後で判断するとこういうことか?というふうに

類推できることも必要になってきます。

 

読解のなかでは、現代社会の様々な話題から出題されます。経済、言語、生物、宗教など、幅広く出題されますので、さまざまな情報を頭に入れておくことも大事です。

 

そして、なんといっても、経済学部の英語は前年度の問題とまったく違った形式になって出題されたり、非常に傾向が読みづらいです。

それには、あらゆる問題に対応できるようにいろんな問題を解いておくことが大事です。

経済学部に限らず他の学部の過去問も併せてやっておくといいでしょう。

 

本番で慌てないために、多様な問題に対応できる力をつけておきましょう。

単語、イディオム、構文をしっかり押さえ、基礎力をつけた上で読解が速やかにできるようにしておきましょう。


☆上智大学の他学部や他の科目の対策を知りたいこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちらまで!
もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒熊谷校の無料受験相談をご予約下さい♪
20140628_124123
--------------------------------------------------------------
高崎線沿線初!逆転合格専門塾【武田塾熊谷校】
個別指導で大学受験を突破!
〒360-0037

埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド熊谷4F
(熊谷駅から徒歩1分!)
TEL:0120-788-711
MAIL:kumagaya@takeda.tv
詳しいアクセス(行き方)はこちら