こんにちは、埼玉県熊谷市の大学受験の個別指導専門塾、武田塾熊谷校です。
今日は、文教大学A日程入試1期の英語2012年度の出題傾向と過去問の徹底分析、対策と攻略法まとめてみたいと思います。
※全学部英語は同じテストです。

【出題傾向】

・大問Ⅰ、Ⅱ 英語のコミュニケーション能力・会話力を試す問題。形式は会話の穴埋め。状況を正確に把握することが重要。
・大問Ⅲ 基礎的な文法力と文法知識の応用力を試す問題。文脈を設定してあるので、文法ばかりでなく、文脈から見ても、正しい解答を選ぶ。
・大問Ⅳ 正しい順序に英語の語句を並べる問題。前問と同じく文脈が設定されているので、注意すること。 
・大問Ⅴ 英文の大意を把握して適当な語を空所に補う。語彙力を試す。 
・大問Ⅵ、Ⅶ 長文読解。英文の内容の大意を把握する力を試す。英文の内容についての英語の質問に対する解答を選ぶ。


【対策】

・小問の数は合計で40問日本大学と同じくらいのレベルなので、日本大学レベルまでの対策をこちらのルートに則りやっておけば問題ない。
・大問Ⅰ、Ⅱはネクステージの会話文や文法を完璧にしておけば対応可能な問題である。ネクステージやビンテージを完璧にしたあと、こちらの参考書でアウトプットして完璧にしよう。あとは赤本で対策をすれば完璧である。
・大問Ⅲは文法の基本事項の確認。ネクステージかビンテージで十分対応可能である。細かい知識は必要だが、上記の参考書とこちらのルートにあるファイナル英文法問題集でアウトプットしておけば万全。細かい文法の事例としては、hangのあとにa minuteが来るときどんな前置詞を使うか?などを問われる。
・大問Ⅴ、Ⅵ、Ⅶは長文で、速読力をこちらの参考書シャドーイングで鍛えておけば全く問題はない。Ⅴはブラジルの美容の話、Ⅵはアメリカの宇宙開発の話、Ⅶは少し長くまた若干難易度はⅤ、Ⅵに比べて上がるが、英語長文ハイパートレーニングレベル2で対策は取れる。世界史の人類の進化や歴史の問題である。
システム英単語で言えば第2章までで充分事足りる。それ以上は時間の無駄になる可能性が高いのでまずは2章までを徹底的に完璧にしよう。


【まとめ】

全体として、あまり難易度の高い問題は出題されていない。最後の長文問題だけ要注意。合格最低点も約6割なので、8割取れる実力をつけて挑もう。こちらのルートにある参考書を完璧にしていれば恐ることは何もない。


【合格最低点】

合格最低点は各教科の文字からリンクされています。
教育学部、人間科学部、国際学部、経営学部、健康栄養学部、情報学部、文学部


【他学部各科目の対策や出題傾向】

こちらにまとめてあります。他の年度の英語対策はこちら⇒2013,2011


【文教大学にうかるには?道筋】

英語の試験は全学部同じなため、こちらのルートで対応できます。 


【文教大学に受かるためのおすすめ参考書】

システム英単語英語長文ハイパートレーニングレベル2⇒他のおすすめ参考書の詳細はこちらにあります。
 

熊谷校限定大人気ページはこちら!
 
・2カ月でセンター生物97点マーク!?奇跡の逆転成績上昇劇!こちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
武田塾では無料受験相談を行っています。
一人ひとり大切に相談させて頂く為に予約制です。
それぞれ皆さんが思っている受験への不安を一緒に考えましょう。
無料受験相談を希望される方はこちら
【資料請求もできます。入塾の意思は関係ありません】
20140601_145952

住所・お問い合わせ
高崎線沿線初!大学受験の個別指導【武田塾熊谷校】
〒360-0037
埼玉県熊谷市筑波2-50-1センターフィールド熊谷4F
(熊谷駅から徒歩1分!)
TEL:0120-788-711
MAIL:kumagaya@takeda.tv
武田塾ホームページこちら